気を調え心を癒す・きぼう堂鍼灸治療院へようこそ。

#59 幸せと不幸を決めているのは自分だけ

#59 幸せと不幸を決めているのは自分だけ

全ては過去、時は止まらない

人生で起こった出来事の全ては、
もう既に起こってしまったこと、
そう、過去なのです。

1分前でも、例え0.1秒前でもすべて過去です。
それを変えることは誰にもできません。

あーだ、こーだと文句を言っても変わりません。


人生に”ストップ”はありません。
「タイム」と声に出しても人生は中断しません。

流れる時間の中、自分の出来ることをするしかないのです。

だったら、さっさと自分のできることをするだけです。



自分の人生の責任者

自分の人生は、全て自分が受け入れるしかないのです。

それは誰もがしなければならないことです。
こればっかりは拒否はできません。

ならば、
あるがままを受け入れ、後悔や不平不満を止め、
そこから自分の意志で進めばいいのです。

どうせやるなら、いい気分で
やりたいこと を やりたいとき に やるだけ です。


自分の人生の責任は全て自分にあるんだ!
自分で自分の人生を創っているんだ!
という気持ちで自分に素直に正直に生きればいいのです。

誰もが自分の人生の責任者、
この自覚が自分の人生を本当に変えてゆくのです。



幸せと不幸は、自分が決めているだけ

人生はいろいろ、
色んな考え方や価値観があっていいんです。

物事を測る物差しが変わればその評価も変わります。

だから
何が正しくて、何が間違いなのかは
決まってはいません。


ただ、自分がどう感じるかが問題なだけです。

幸せと不幸の違いは、自分の感じ方だけで、
自分の外側にあるのでなく自分の内側にあることなのです。

五感で感じる”かたち”には関係ないのです。
人からの評価にも全く関係ないのです。


幸せと不幸は、他人には決して分からないもの、
自分しか知ることができないものです。

そして、幸せと不幸を決めているのは自分だけなのです。






a:196 t:2 y:1

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional