気を調え心を癒す・きぼう堂鍼灸治療院へようこそ。

「線維筋痛症」

体験談22 線維筋痛症(全身の痛み、手・足・肩・首・腰)

記入日:平成29年2月10日

お名前:ゆいさき 

性別:

年齢:46歳

お住い:岐阜市

①当院を何でお知りになりましたか?
ホームページ

②お困りの症状をお書き下さい
全身の痛み(手・足・肩・首・腰)

③治療経過をお書き下さい

(初診日:平成28年1月21日)
 H26年夏、突然、手足の痛みにおそわれ総合病院でさまざまな
検査をするも原因がわからず、その間に肩、腰の痛みも強くなり
歩くのも辛くなる。
 その後、ペインクリニックで線維筋痛症の疑いと診断を受け薬
とブロック・トリガー注射を打つも改善がみられず、他院にて鍼
灸治療を受けても痛みの軽減もみられなく、そんな時きぼう堂鍼
灸治療院のHPをみつけて自己治癒力を高めたくなり来院させて頂
きました。
 初めての施術で腰の痛みが軽減し、以前は外出時はコルセット
着用しないと歩けなかったのが治療後直ぐコルセットなしで歩く
ことが出来ました。


④当院の治療についてのご感想をお書き下さい

初めて猿渡先生のところにお伺いした時は1年以上も続く全身の痛
みに対する不安とイラ立ちで一杯で自分のことを責めてばかりでし
た。
でも先生は体はもちろん毎回治療前にカウンセリングをして頂き、
心穏やかに過ごすアドバイスで自分を好きになり信じてあげること
が病気を治すことを知り実感することが出来ました。
去年の夏には早期の卵巣ガンがみつかり、自分でも出来る気の巡り
を良くする方法をアドバイスして頂き不安だった手術、入院生活を
乗り越えることが出来ましたし、今は2年間お休みしていた仕事に
も少しずつ復帰出来るまでになりました。
きぼう堂鍼灸治療院に出会えなかったら、今の私はなかったのでは?
と思い感謝です。
まだこれからも色々楽しみにトライしていきたいと思います。


体験談22


院長からの補足

今回のゆいさき様の繊維筋痛症も、他の方と同様に鍼灸で経絡の乱れ
を調えただけで患部や症状のある部位には一切鍼灸はしていません。
そしてカウンセリングのご要望があったので時間の許す限りしました。
その内容は主に「気と心、病気」について私の考えの説明とそれに則
してゆいさき様の心が楽になる様な考え方をアドバイスをしたものです。

「病気は体からのメッセージ、心の苦悩が体に投影されたものである」
と私は考えています。
故に心が癒されれば必ず良くなっていくと私は信じています。

鍼灸治療とカウンセリングを重ねる内に、ゆいさき様の心の中の価値観
が自己否定から自己肯定に徐々に変化していったと思います。
それに伴い経絡(気)も調いメッセージである症状も軽減して行きました。
当初、心の苦悩と身体の苦痛を如実に表していた脈の乱れ(硬く刺々しい
感じ)も、今では穏やかでいい感じに調っています。

ゆいさき様へ

お忙しい中、体験談を書いて頂きまして、ありがとうございました。

「誰もが自分の中に限りない可能性、素晴らしい力を秘めています。
 その力を発揮させるには、自分や他人を責める考え・価値観に気づ
 いたらそれを手放し、未知なる自分の中の本当の力を信頼し、ある
 がままの自分を赦し受け入れることです。つまり自分を愛してあげ
 ることです。

 誰もが自分に厳しくなる必要はありません。自分に限界を設ける必
 要もありません。他人と比べ自分を卑下したり責めたり罰する必要
 もありません。
 私たちは自分の強さ素晴らしさに気づき、それを表現する為に生ま
 れてきたのです。
 そして自分を信じ本当に愛した人だけが他人を信じ愛することが出
 来き、素晴らしい人間関係を築くことが出来るのです。
 それが幸せな人生だと私は思います。」

このような説教臭い私の話に、ゆいさき様が真剣に耳を傾け素直に実践
なされたから、ご自身の内面から本当の力が発揮され、あんなに辛かっ
た症状が緩解していったのだと思います。

これまでの鍼灸で身体が経絡(気)の乱れとして覚えた負の感情は取れて
いますから、もう身体的に妨害するものは殆どありません。
後は、ただただ素直に未知なるご自分の中の力(気・生命力)を信じて日
々を楽しんでください。

そうすれば内側からその素晴らしい力が自然と発揮され、残りの症状も
消してゆきますし、身体からのメッセージを受け止め理解したからには
ガンについても全く恐れることはありませんよ。

そしてもっともっとやりたいことがやれるようになりますよ。
あるがままのご自分を愛して益々健康になっていってくださいね。(^_^)v
                     
                        院長:猿渡


<注 意>
あくまでも患者様個人のご感想です。
同じような病気・症状でも全ての方がこの体験談の様な経過で良くなる
ことを保障するものではありません。
何故なら治癒や緩解には患者様の意識・心の変化が大きく関わるからです。
その点をご理解の上、お読みください。

















a:239 t:2 y:1

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional