Q:どんなときも患部には鍼をしないのですか?

投稿者: | 2017-12-18

Q:どんなときも患部には鍼をしないのですか?

A:いいえ、患部にする場合はあります。

当院では、下記の二つの場合に例外的に患部にすることがあります。

一つ目は、捻挫や打撲などで患部に炎症による熱があるとき発症から24時間以内の場合に限り、散鍼法という鍼の手技でその熱を取り除くために患部に軽い鍼刺激をします。

二つ目は、患部の近くに経絡を調える為の有効なツボがあり、他に代用がないときに仕方なく症状の近くに鍼をすることがあります。

いずれもそのときの最善策として行います。