【原因不明の胃腸の痛み】薬が効かない痛みが1回の治療で消えた

この記事は約3分で読めます。

体験談1 5か月前から続く薬が効かない原因不明の胃痛、腹痛

記入日:平成23年8月6日
お名前:匿名希望 A子様
性別:
年齢:49歳
お住い:岐阜市

①当院を何でお知りになりましたか?

ホームページ

②お困りの症状をお書き下さい

原因不明の胃痛、腹痛

③治療経過をお書き下さい
(初診日:平成23年2月9日)

平成22年10月から胃腸に痛みを感じ始め、胃腸科を受診。

胃カメラ、胃レントゲン、大腸ファイバー、腹部CTの検査で異常は認められなかったものの、痛みは増す。

鎮痛剤、胃腸薬も効果が無く、原因不明の痛みには鍼灸がいいかもしれないという主人の勧めで、ホームページがしっかりしていたきぼう堂鍼灸治療院を受診。

一度だけの施術で何ヶ月も苦しんでいた痛みが消失した。

④当院の治療についてのご感想をお書き下さい

初めてきぼう堂鍼灸治療院を訪れた日は、朝から腹痛がひどくベッドでずっと横になったままでした。

車を運転するのも辛いなあと感じるような痛みが、先生に今までの病歴や家庭環境をお話した後の鍼灸で全くなくなりました。ただただ驚くばかりでした。

初めての鍼とお灸は少し不安でしたが使い捨ての鍼を使われていて、手洗いや消毒も丁寧で痛みも無く安心しました。

先生は鍼灸の技術はもちろんですが、カウンセリングにも素晴らしい能力を持っていらっしゃるので、私は定期的に受診をし、心身の健康を先生に維持していただいています。

 

院長からの補足

主な病歴

  • 潰瘍性大腸炎(5年前発症、内服薬で治まる)
  • うつ病(4年前発症、現在も抗うつ剤服用中)
  • 両母指球に原因不明の肌荒れ(20年前から続く、今回の腹痛で悪化)
  • 子宮筋腫(5年前に子宮全摘)

◎治療の進め方と現状

他の患者様と同様に、A子様にも初診時に「経絡を調えることの意味、病気・症状は身体からのメッセージで悪い事ではないこと、気は感情、気という内面のエネルギーの上げ方、意識の切替え方、マイペースに生きることの大切さ等」をお話しながら経絡治療をしました。

当院の治療をご理解し信頼してもらえたので鍼灸に対する反応はとても良かったです。
A子様の経絡が乱れた原因が家庭環境であると思い、時間に余裕があるときには、心を楽にする考え方、気=内面のエネルギーを上げるコツ等を説明しながら治療を進めました。

その結果、今のA子様は本来の明るい性格が戻り、ご自分で気持ち・意識を前向きにコントロールできる様になってますので、経絡の乱れは少く僅かな鍼灸で直ぐに調います。

そして心身共に安定しているので、好きなことも除々に出来るようになり生活全般が好転しているようです。

最近では、気持ちが落ち込む度に出ていた辛い肩凝りも少なくなり、出ても自力で治めれるほどです。
そして20年前から続く両母指球の肌荒れも殆どキレイになっています。

※上記の<院長からの補足>は、A子様にご確認していただきご了解を得たものです。

A子様へ、

体験談をお書き頂きまして、ありがとうございます。
「カウンセリングにも素晴ら…」とお褒めまで頂き大変恐縮です。
私のカウンセリングは、内面のエネルギーである「気」が有益に身体を巡るように臨床経験から得た「思考・意識の切替え方のコツ」を主にアドバイスしているもので、一般的なカウンセリングとは異なるものです。
でも、そんな私のカウンセリングがA子様のお役に立てたことは、私にとっても大変嬉しいことです。
これからも当院をよろしくお願いいたします。

院長:猿渡

 

<お願い>

あくまでも患者様個人のご感想です。同じような病気・症状でも全ての方が、この体験談の様な経過で良くなることを保障するものではありません 何故なら症状の改善や緩解には、患者様の意識・心の変化が大きく関わるからです。 その点をご理解の上、お読みください。

 

タイトルとURLをコピーしました