2/24(水)は臨時休診します。代わりに2/23(火・祝)の午前は診療します。

赦すことができない自分自身を赦す ②

この記事は約3分で読めます。

(※これは2014年03月27日のブログ記事の転載です)

これは「赦すことができない自分自身を赦す ①」の続きです。

 

「ダメなところがあってもいい。
ダメが沢山あってもいい。
それでも私の中にある素晴らしさは、決して無くならないのだから。」
と言ってみてください。

この言葉を信じ、この言葉の意味をじっくりかみ締めてください。
そして何度も何度も自分に向かって語り掛けてください。

きっと心が柔らかくなることが感じられると思います。
自分を信じ赦したことが感じられると思います。
自分の中にある愛を感じられると思います。

自らの心に愛を感じ癒しを感じたのなら、
先の言葉の中の「私」の部分を「あなた(相手の名前)」
に変えて語ってみてください。

 

語ってみて心はどんなものを感じましたか?

心の解放を感じたのなら
相手を赦し信じたことなのです。

自分の中にあった優しさ、愛を相手に与えたことなのです。

そして、
やさしさを相手に与えることで
自分自身を再び愛し、心を自ら癒したことなのです。

 

自分や相手を赦すことができない人は一度試してください。

ちなみに私は心が乱れたとき自分に向かって言っています。
(乱れていないときも言ってます。何故なら言うと心が気持ちがいいからです。)

 

赦すことができない自分をそのまま赦してください。

「私はダメだ」と思う自分を「ダメでいいよ」とそのまま赦してください。

変われない自分を「変わらなくていいよ」と赦してください。

 

ダメでも、変われなくても
それでもあなたの中にある素晴らしさ良いところが
消えて無くなることは決してないのです。

今、自分の素晴らしさに気付くことができていなくても、
その素晴らしさは、誰の中にも既にあるのですから
心配や焦りは全くいらないのです。

だから誰もが必ず自分の素晴らしさに気付くときは来ます。
全てを心から赦せる日は必ず来ます

そして
「何もかもが素晴らしいんだ!」と気付けたなら、
「そもそも赦すことすらしなくてもいいんだ!」
と思えるくらいに心の平和を感じる日が必ず来ます。

私はそう信じています。

 

 

<お願い>
私のブログは「治療中の会話の中で重要な部分だけでも後から思い出せる様にして欲しい」という患者様からのご要望が元で書き始めたものです。
従ってこれは会話の一部分の要約であり、お悩みの内容や会話中の質疑応答などは殆ど省略されています。
そのため、このテーマについて全く私と会話をしたことが無い人が読んだ場合、意味が通じず誤解を与えることもあると思います。
何卒、その点をご了承の上お読み頂けると幸いです。

 

 

タイトルとURLをコピーしました