2/24(水)は臨時休診します。代わりに2/23(火・祝)の午前は診療します。

古い固定観念はどうすればいい?

この記事は約2分で読めます。

古い固定観念はどうすればいい?

固定観念は取れないということは、
新しい固定観念ができても
古い固定観念(自分を苦しめる価値観)は
そのまま残るということ。

だから選ぼうと思えば、また選ぶことはできる。

つまり、
苦しもうと思えば、
いつでも苦しむことは出来るということ。

 

でも、心配はいらない。

何だか嫌だな、と感じたら、
そのとき楽な考え(新しい価値観・固定観念)に
選び直せばいいだけだから。

つい、クセで古い考え方をしてしまったら、
その都度、何度でも何度でも選び直せばいい。

 

そしてこの繰り返しは無駄ではない。

自分にとって新しい考え方をしっかり定着させる練習になるから。

そして自分にとって常識になったら、
わざわざ好き好んで嫌な気分になる考え方は選ばないよ。

 

じゃ、古い固定観念はどうする?

自分を苦しめる古い固定観念は、そのまま放っておけばいい。

使わなければ下手になり、
「そう言えば、昔はそんなバカバカしい考え方をしてたな~」
と思うぐらいに忘れるよ。

代わりに新しい固定観念を使っているはずだから、
こちらが徐々に上手くなっていく

だから気にしないで放っておくことがベストだと私は思う。

 

(※これは2015年04月16日のブログ記事を一部加筆・編集したものです)

 

<お願い>
これは「ひとりごと」として、その時の私の伝えたいことをランダムに採り上げ書いたものです。
もちろん、治療中にお話ししたことでもありますが、テーマについて全く私と会話をしたことが無い人が読んだ場合、意味が通じず誤解を与えることもあると思います。
何卒、その点をご了承の上お読み頂けるようお願いいたします。

 

 

タイトルとURLをコピーしました