赦し」タグアーカイブ

類は友を呼ぶ。 いい意味でも、悪い意味でも、お互いに引き寄せ合う

※「自分を愛し、相手を愛する自分になること」の続きです   類は友を呼ぶ 気が合う、 それは、気持ち、価値観が近い者は、 お互いに引き寄せ合うということを意味している。 いい意味でも、悪い意味でも 「類は友を呼… 続きを読む »

〇を点けることは、ピリオドを打つことでもある(過去に執着しない)

全てに〇を点けることは その結果を認め、それをサッサと手放すことである。 そして〇を点けることは、 「OK!、これはこれでいい、かまわんよ!」 と言うことだけでなく、 「。」(ピリオド)を打つことでもある。 「もう終わっ… 続きを読む »

受け入れたら、チャラになる

何度も不安になっても、 何度も失敗しても、 何度も焦っても、 何度もネガティブになっても、 何度も✕を点けても(何度もダメだと責めても)、 「いいじゃないか!(〇を点けたら)」と あーだこーだと言わずにあるがままを受け入… 続きを読む »

求める癒しは、違いを認め受け入れる心から

自分以外の者から癒しを求めても 中々得られることはない。 誰もが自分以外の人の心を 完全には分からないからである。 もし、私が相手の心を想像したとしても、 それはあくまでも私の価値観で 相手の心を勝手に想像したことに過ぎ… 続きを読む »

三つ目:全てを認め、自分を褒めること(自己肯定)

◎これは「二つ目:自分の価値観、固定観念を見直す」の続きです   周りから良い評価をされようとしないこと 例えば、なにかを嫌々やっていたとしても、そのことを「やろうとしたこと」「今、やっていること」「やったこと… 続きを読む »