2/24(水)は臨時休診します。代わりに2/23(火・祝)の午前は診療します。

自分のために真剣にやるしかない

この記事は約3分で読めます。

自己否定、
自分を責める考え方をしていれば心は辛い。

その考えを止めるまでその苦しさは消えない。

誰かが代わりに考えを変えてくれることは決してない。

自分が止めるまで容赦なく続く。

 

ときどき、
「先生はネガティブになることはありますか?」
「先生は実践できているのですか?」
などと尋ねられるが、

私も人間、生きていれば色々と嫌なことは起こる。

だから嫌な気分になること、悩むことは当り前にある。

 

いくらココに偉そうに書いても
私の心を癒すのは私しかいないので
私の心が少しでも楽になるように
私に〇を点けることを日々実践しているのが現実である。

もちろん出来事によっては、
中々、〇を点けられないこともある。

そんなときは、自分の心の中をよく見る。

するとバカバカしい価値観に
囚われている自分がいることに気づく。

 

何度も同じ様なバカな価値観に囚われていることもある。

「あ~ぁ、またか。」
と思っても、その度にコツコツと切替えている。
私だって日々、このことを地道に続けているだけである。

 

私にはだれも教えてくれない。
仕方ない、自己流で始めたのだから、
試行錯誤しながら日々自分の心を見つめている。

そして、そこで得た気づきを偉そうに話しているだけである。
だから決して正解を語っている訳ではない。

 

どんなことも、生まれてはじめて挑戦したのなら、誰だって下手である。
最初から上手く出来るなんてありえない。

しかしコツコツ続けると徐々に上手になる。
やった分だけ上手くなる。
上手くいかなかった経験だけスキルが上がる。
その内に失敗も少なくなる。

 

だから私は、自己肯定の考え方、誰にでもできると思う。

「できない」という人は、
心のどこかで
「誰かが自分の代わりにやってくれるのではないか?」
と期待しているのではないかと思う。

残念だがそれは決してない。

 

そんな人には、
やればやっただけ必ず上手くなる。
 いつからでもいいからやりたくなったら始めればいい。
 そして何度も止めてもいいし、何度再開してもいい。
 誰のためでもない、
 自分のために焦らずコツコツ続けるしかない。
という言葉ぐらいしか私からは言ってあげられない。

 

自分を苦しめるのも楽にするのも自分次第である。

私は、
嫌な気分になることは散々味わった。
 もう本当にウンザリだ!」と思っている。

誰かのためにではない。
私は私のために真剣に私の心を癒すことに力を注いでいる。

 

 

(※これは2015-07-04のブログ記事です)

 

<お願い>
これは「ひとりごと」として、その時の私の伝えたいことをランダムに採り上げ書いたものです。
もちろん、治療中にお話ししたことでもありますが、テーマについて全く私と会話をしたことが無い人が読んだ場合、意味が通じず誤解を与えることもあると思います。
何卒、その点をご了承の上お読み頂けるようお願いいたします。

 

 

タイトルとURLをコピーしました