【坐骨神経痛】ブロック注射が効かない痛みが嘘のように消えた

この記事は約4分で読めます。

体験談21 椎間板ヘルニアからの左坐骨神経痛

記入日:平成26年4月19日
お名前:みかん 様
性別:
年齢:44歳
お住い:各務原市

①当院を何でお知りになりましたか?
ホームページ

②お困りの症状をお書き下さい

ヘルニアからの左足坐骨神経痛

③治療経過をお書き下さい

(初診日:平成25年12月27日)
もともと腰痛もちでしたが12月中旬より痺れが出て歩く事もできなくなりました。整形外科に通うもヘルニアからの痛みなのでブロック注射が効かなければ手術しかないと言われ、又、手術しても治らないかもと言われ、インターネットで手術せずに治す方法を探したところ、きぼう堂さんにたどり着きました。

1回の施術で痛みがやわらぎ、1月には自分で車を運転して治療に通えるようになりました。事務の仕事にも復帰し、今では月1通うまでに回復しました。

④当院の治療についてのご感想をお書き下さい

年末の忙しい時期に全く歩く事ができなくなり、どこの病院も正月休みに入ってしまうのにどうすればいいんだろうと泣きたい気持ちでいっぱいでした。

そんな中、猿渡先生はお正月でも電話して頂ければ治療しますと言って下さり心がとても楽になり、無事にお正月も過ごす事ができました。

毎回カウンセリングして頂く事により、心も体も楽になり、あんなに痛かったのが嘘のように消えました。今でも調子が悪いかな?と思うときは”ふうっ”と息を吐き心を楽にするように心がけています。
先生にはとても感謝しています。本当にありがとうございました。

院長からの補足

◎治療の経過と現状

初回(12/27)、みかん様はご主人様に支えてもらいながら一歩一歩をやっとの思いで入ってみえました。
待合イスに着くと同時に横たわり、あまりの苦痛のためそこから全く動くことが出来ませんでした。
問診に答えるのも辛いようだったのでカルテを書くことを後にして、早速その場で治療を始めたことを今でも覚えています。

なんとか前腕と下腿に数ヶ所鍼をして脈診をしたら良くなりましたので症状を確認すると痛みが和らぎイスに座ることができました。
そこでやっと問診をしてカルテを書きました。

その後はゆっくり歩くことができましたのでベットに移ってもらい、通常通りに鍼灸をしました。お帰りはお一人で歩くことができるまで痛みが軽減しました。

翌日2回目(12/28)、お一人で歩いて入って来られました。痛みもピークの半分以下になり昨晩は痛みで起きる事もなく眠ることが出来たそうです。治療をするとかなり楽になったそうです。

一日空けて3回目(12/30)、昨日(12/29)は年末の買物ができるまで歩く事ができたそうです。痛みも10分の1になったそうです。
治療後、ご感想に書いてあるように「もし正月休み中に悪化したら遠慮なくお電話してください」とお伝えし、毎日お灸をすることを勧めました。

4回目(新年1/4)、お正月中は多少痛みがあったそうでしたが酷くはならなかったということで無事に過ごせたようです。

この時点でほとんど峠を越えたのでその後は、1/6、1/11、1/18と治療間隔を少しずつ空けて進めました。

8回目(1/27)の時点でかなり良くなっていたこととお仕事が忙しくなったことにより、ここで様子をみることにしました。
その後は悪化することはなく、1~2ヶ月のペースで体調を調えにご来院されています。

尚、カウンセリングでは、今回の痛みに対してなぜブロック注射等が全く効かなかったのか?その理由、仕組みを「病気は身体からのメッセージ」、「心の乱れ、不安、ストレスが病気の原因」、「心を癒さない場合は身体が薬を拒み反応せず、原因に気付くまでは症状・痛みを強くすることになる」等を「気」という概念を説明しながらお話しました。

 

みかん様へ、

お忙しい中、体験談を書いて頂きまして、ありがとうございました。
今回こんなに早く回復していったのは、みかん様が私の話や治療を信頼して下さったことがとても大きいと思います。
人間の身体は、心、意識しだいで良くも悪くもどの様にでも変化していきます。
今からでも望む身体になることはできますから、ご自分を信じて健康に美しくなっていってください。
大切なことは、自己イメージと何ごとも気楽に楽しむことですよ。(^_^)v
これからもよろしくお願いいたします。

院長:猿渡

<お願い>

あくまでも患者様個人のご感想です。同じような病気・症状でも全ての方が、この体験談の様な経過で良くなることを保障するものではありません 何故なら症状の改善や緩解には、患者様の意識・心の変化が大きく関わるからです。 その点をご理解の上、お読みください。

タイトルとURLをコピーしました