頸肩腕症症候群

臨床例

【臨床例】示指・中指の痛みと関節のこわばり(頸肩腕症候群)

50代 女性 約1か月前から右手の指先(示指と中指の第2関節の先)に痛みが出てきた。朝起きた時、関節のこわばりある。1週間前から左にも同様の症状が出てきた。周りの人から「リウマチではないか?」言われ少し不安。しかし当院で治療を受けたら痛みと関節のこわばりが完全に消失。
臨床例

寝違い・ムチウチ・頸椎ヘルニア等に効果のあるツボ(陰包)

いずれの患者さんも(私も含め)患部の首には一切鍼灸はしてません。手足の要穴と背部兪穴、そして陰包だけです。それでも、重症の寝違い、ムチウチ、頚椎ヘルニアが治っています。人間の持つ自然治癒力は素晴らしいです。
タイトルとURLをコピーしました