2/24(水)は臨時休診します。代わりに2/23(火・祝)の午前は診療します。

【ストレス性蕁麻疹】強い薬も効かない蕁麻疹が出なくなった

この記事は約3分で読めます。

体験談17 出産から5年間続く目の周りの蕁麻疹

記入日:平成25年01月31日
お名前:匿名希望 M子様
性別:
年齢:36歳
お住い:岐阜市

①当院を何でお知りになりましたか?

ホームページ

②お困りの症状をお書き下さい

じんましん

③治療経過をお書き下さい

(初診日:平成24年9月27日)
出産後、運動中、入浴中等体温が上がると目の周りにじんましんが出るようになり抗アレルギーの薬を飲んでいました。
強い薬も効かなくなり、きぼう堂さんに通院しました。
12月頃から運動しても少しずつ出なくなってきました。

④当院の治療についてのご感想をお書き下さい
カウンセリングもして頂き、毎回体も心も楽になり元気になりました。
先生ありがとうございます。

 

院長からの補足

◎治療の進め方と現状

私は他の患者様と同じようにM子様に対しても初診時に当院の治療方針を説明しました。
そしてストレスやお悩みの有無を確認し、それらが原因で出産後5年間も蕁麻疹が続いているのだと認識しました。

そのため治癒には鍼灸だけでは不十分であると判断し、毎回、気を高める為の意識を切替えるカウンセリングを行いました。

どなたも同じですが、ご自分の心を苦しめている固定観念が意識の中にあり、それがストレスや悩みの元になっています。
気を高めるためには、その固定観念に気付いてもらうと同時に心を楽にする考え方や価値観を新たに見つけることが必要になります。

今回もそのことを目的にカウンセリングを続け、M子様のお気持ちが楽になっていくにつれ、肩凝り、頭痛、不眠、動悸といった随伴症状が無くなり、蕁麻疹の頻度も徐々にですが少なくなっていきました。

この間(初診から2ヶ月間)は、治療のペースは週一回(計9回)行っていましたが、昨年11月下旬から今年の1月下旬までの2ヶ月間は、M子様のご都合により治療は一時中断していました。

それでもM子様の意識が切替わっていたため、気(エネルギー)が上手く身体を巡りつづけ、治療が一時中断していても上記の体験談の様に12月頃からは蕁麻疹の頻度が以前より少なくなっていったのだと思います。

そして治療を再開した1月下旬から現在(2/14)までは、運動をしても入浴しても蕁麻疹は発症していないようです。
(但し、お子さんとケンカしたときは気が乱れたために一瞬出た様ですが、それも直ぐに治まったそうです。)

因みに現在は、2週間に一回のペースで治療に来てもらっていますが、カウンセリングも殆ど必要なく鍼灸のみで経絡を調えています。
この調子であれば治癒も近いと思います。

 

M子様へ、

お忙しい中、体験談を書いて頂きありがとうございました。
そしていつも私の拙い話を聞いてくださりありがとうございます。

人間とは、とっても強い存在なんです。
どんなことでも乗越えていくパワーが、M子様の中にもしっかりありますから何も心配はいりません。

特に一時中断しても身体が治っていたことは、M子様の力が治したことを意味しています。
これからもご自分の中の本当の力を信じて、自由に、好きなように、人生を、子育てを楽しんでくださいね。

もっともっと元気に幸せになっていきますよ。

                         院長:猿渡

 

<お願い>

あくまでも患者様個人のご感想です。同じような病気・症状でも全ての方が、この体験談の様な経過で良くなることを保障するものではありません 何故なら症状の改善や緩解には、患者様の意識・心の変化が大きく関わるからです。 その点をご理解の上、お読みください。

 

タイトルとURLをコピーしました