2022-11

臨床例

【臨床例】左顔面神経麻痺

顔面神経麻痺など神経に関わる症状の場合、一日でも早く鍼灸治療を開始することが大切。治療間隔もできるだけ連続(最低1週間は毎日が望ましい)で治療することが後遺症を軽減させることに繋がります。
タイトルとURLをコピーしました