気を調え心を癒す・きぼう堂鍼灸治療院へようこそ。

#60 自分は何のためにこの世に生まれてきたのだろう?

#60 自分は何のためにこの世に生まれてきたのだろう?

人は何のために生きるの?

人は何のために生きるの?
死とは何?
あの世ってあるの?
魂とか霊とか、つまり肉体以外のものは実在するの?

これらの疑問には簡単には答えられない。


ただ、

自分を責めるために生まれ生きてる訳ではない。
他人を憎むために生きている訳ではない。
妬んだり馬鹿にするために生きている訳ではない。
苦しむために生きている訳ではない。

と私は思っている。


だから、
自分の中にこの様な気持ちになる
考え方や価値観に気付いたら
それらを「あーあ、バカバカしい」といって手放せばいい。

そしたら少しは生きることが楽になる。


人間は、
憎むことや妬むことなどが止められない存在だ、
と思っている人もいるだろう。

そう思う人は、そう思っていればいい。

人は自由であるから、それはそれでいいと私は思う。



自分は何のためにこの世に生まれてきたのか?

自分は何のためにこの世に生まれてきたのか?

これに対する絶対的な正しい答えはないし、
正解は各人それぞれが決めればいいことである。


私は、
せっかくこうして生まれ、今、生きているのなら、
少しでも心が気持ちよく感じて生きていたいから、
自分や他人を責めて生きたくはない、
と思っている。

だから、
あるがまま、ありのまま、なんでもかんでも、
「いいじゃないか!」
と受け入れるのである。

そして、さっさと今!自分のやりたいことをして生きるのである。


憎んでも人生、笑っても人生。
悩んでも人生、手放しても人生。
どちらもできるんだから、好きな方を自由に選べばいい。







a:120 t:1 y:1

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional