気を調え心を癒す・きぼう堂鍼灸治療院へようこそ。

痛み・不定愁訴

体験談14  原因不明の身体の痛みと様々な症状 治る

記入日:平成24年11月30日

お名前:M子

性別:

年齢:47歳

お住い:安八町

①当院を何でお知りになりましたか?

ご紹介

②お困りの症状をお書き下さい

逆流性食道炎、不眠、手指の痛み、下腹部痛、胃痛など

③治療経過をお書き下さい
(初診日:平成24年10月23日)
一度の施術で痛みや不眠が軽減され、一ヶ月間に週一回通って手の
痛み、胃痛、不眠は無くなり、胃酸が上がってくることも殆ど無く
なりました。


④当院の治療についてのご感想をお書き下さい

鍼と言っても痛みもなく安心できるものでした。
私の場合、薬の治療も副作用が心配で飲んでもストレスになり反っ
て悪化の一途をたどっていて、カウンセリングと副作用のない鍼灸
で救われました。
先生に出会いに感謝しています。




体験談14

院長からの補足

◎治療の経過と現状

M子様は、「関節リウマチではないか?」と言うことで病院で検査
(結果待ち)の状況の中、当院にご来院されました。
初診時、今回の症状とその経緯を詳しく聞きました。

M子様によると、今年の夏から右上肢に痺れが出始め徐々に小指、
薬指に広がりました。痺れは痛みに変わり次第に両手指、両足先、
両脇、背中、臀部へと今では、ほぼ全身に広がっていったそうです。

それ以外にも、昨年秋頃から子宮の不正出血(左卵巣のう胞、ビラ
ンによる下腹部痛)、逆流性食道炎を含む胃腸虚弱、めまい、咳
(原因不明)、アレルギー、右脇のしこり・鎖骨下の痛み(乳がん検
査も受ける)等様々な症状を抱えており、色々な病院を通い検査を
受ける日々が続いていました。
それらによりM子様は肉体的だけでなく精神的にもかなり疲弊して
みえました。

私は精神的に少しで楽になることが一番大切であるを考え、時間を
取り「病気とは、肉体からのメッセージ」「気とは生命エネルギー
であり、心(意識・感情)が関わること」「鍼灸でエネルギーの乱
れをリセットできる」こと等をM子様に説明(※)して、リウマチ
検査結果がどの様であれ、どの状況からでも健康になれる可能性を
初回に伝えました。

体験談にも書いてあるように、初回の治療で身体の改善を実感され
健康になれる可能性を感じられたことと、この日の二日後のリウマ
チ検査結果も陰性と判明したことがM子様を精神的にとても楽させ
ました。

私は3回目の治療時「健康になる為には何も焦ることはないです。
これからは週一回の治療と自宅でのお灸で充分に良くなってい
きますよ。」と伝えました。
そして治療毎に気を高めるための意識の切替え方、悩みに対し心を
楽にする考え方のヒント等を毎回お話ししました。

それらが功を奏して今では精神的にも安定され、それに伴い様々な
痛み、不定愁訴も軽減、消失しています。



(※)
当院では、心が原因で起こっている病気に対して、気という生命エ
ネルギーをご理解して頂くために「心(意識と感情)と身体(病
気)、人生(ストレス)の関係」を初回に簡単に説明し、興味のあ
る方には、気を高めるための意識・思考の切替え方のアドバイスを
時間が許す限り随時しています。
(但し、この様な話に興味が無い方には、無理には致しません。)



◎M子様へ、

この度は、体験談を書いていただき、ありがとうございました。
いつも言っていることなのですが、M子様をはじめ患者様が元気に
なっていく姿は何より私を幸せにしてくれます。
こちらこそ感謝しております。

心、肉体、人生、この三つは繋がっています。
心の投影が肉体にそして人生に表れています。
意識が変わり自分の良いところに気付き、褒め、好きになり、自分
の欠点を許すことが出来るようになると自然と心が豊かになれます。
すると心の投影である肉体は健康になり、人生は望む幸せなものに
なって行きます。

M子様の意識は前向きに切替わっています。
これからも様々なこと起こると思いますが、この調子でいれば必ず
それらを乗り越え、望んでいた幸せな人生を力強く生きていけると
思いますよ。


                         院長:猿渡


<注 意>
あくまでも患者様個人のご感想です。
同じような病気・症状でも全ての方が、この体験談の様な経過で良くなることを
保障するものではありません。
何故なら治癒には、患者様の意識の変化が大きく関わるからです。
その点をご理解の上、お読みください。



















a:1525 t:2 y:0

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional