気を調え心を癒す・きぼう堂鍼灸治療院へようこそ。

変形性膝関節症6

もう少しだけ余談、関節注射のリスク

関節内は無菌状態です。
関節内注射は針が太いため関節内に細菌を感染させてしまう可能性があるそうです。


感染に対し充分注意を払われて治療が行われていますが、万一感染が起こると
関節内は血管が有りませんので、感染に対する抵抗力が弱くなかなか治りづらく
大変なことになるそうです。


このリスクを考慮し重症以外は関節内注射をあまり勧めない整形外科の先生もみえます。






※ 注 意

関節内注射で治らないと言ってる訳ではありません。
実際に病院で関節内注射で治っている方は大勢いると思います。
ここに書いたのは、自然治癒力が充分に発揮できるようにするのが目的の
鍼灸治療の立場からみた私個人の意見です。











a:1620 t:1 y:0

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional