気を調え心を癒す・きぼう堂鍼灸治療院へようこそ。

コツ2

元気で健康な自分の姿を想像すること。

想像すること

このページの最上部へ移動

今まで辛い病気のことばかりに意識がいっていたと思います。

「いつ治るのだろう?」
「本当に治るのだろうか?」
と考えていたら良い気持ち=良いエネルギーは生まれません。

それより、元気で健康になって生き生きと人生を楽しんでいる自分を想像
して下さい。

たとえ想像でも心が喜びを感じていたら、それは良いエネルギーが身体に

供給され始めます。

今、感じている感情がエネルギーです

このページの最上部へ移動

「今現在が辛いのに、治っている自分を想像できない。
 そんな想像なんかで治るものか!」
と、思われる方もみえるでしょう。

でも、大切なのは、心が喜び等のプラスの感情を味わうことなのです。

現在起こっていることでも、未来の想像のことでもそれらを感じて
いるのは、今、なのです。


今、心が感じていることが気となり、それがプラスの感情なら良い気、
良いエネルギーとなって実際に身体を治してゆくのです。

将来を悲観していることは

このページの最上部へ移動

逆に、今、マイナスの感情を感じていたら、ますます弱くなります。
病気を理由に、自分の将来に限界を作らないことです。

将来を悲観していることは、まだ起こっていない未来を悪く想像すること
でマイナスな感情を味わい、今、自分でエネルギーを弱めてしまうことです。

治っている自分を想像する代わりに、治らない自分を想像して、
今の自分を傷つけ弱らせているのです。

なかなか病が治らない理由は、ここにあるのです。


どんな自分になりたいか?を言葉にしてハッキリ宣言して下さい。

元気で何でもやりたいことが出来ている自分の姿を想像して、心で
良い気持ちを感じてください。

良いエネルギーは、自分を信じ将来に希望を持つことで作り出されます。

無理に想像しないこと

このページの最上部へ移動

ここで一つ注意します。

どうしても良いイメージが出来ないときは、無理に想像しないこと
です。

心に余裕が無いとき、無理に想像することが、反って自分へのプレ
ッシャーとなり焦り不安を作り出しますから、反ってエネルギーを
弱くさせてしまうからです。

無理は絶対にしないことです。
人間の心は常に安定していません。
誰もが気分に波があるものです。

心に余裕がないときは、良いイメージはできません。
ましてや、今、心が安定するコツを得ようとしているときです。
波があって当たり前なのです。

自分の心に素直に従うことが大切

このページの最上部へ移動

良いイメージしないことの方が心が楽なら(苦しくないなら)、そ
のときは自分の心に素直に従い、良いイメージをしないでください。

そして、無理に想像しない(自分にプレッシャーを与えない・苦し
くない)心で「楽ちん」を味わってください。

楽(苦しくない)は、プラスの感情です。
それだけで良いエネルギーとなり、身体を癒すパワーが充分にあり
ます。

良い想像して喜ぶことはエネルギーを上げますが、決して無理をし
ないこと。
そして心が楽でさえあれば(苦しくなければ)、これもエネルギーを

上げていることなんだ!と覚えていて下さい。

このページの最上部へ移動











a:1368 t:2 y:1

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional