気を調え心を癒す・きぼう堂鍼灸治療院へようこそ。

コツ1

焦らないこと(良い変化に意識があること)


たとえ1割だけも良くなったら

このページの最上部へ移動

例えば、治療前の症状を10段階評価で10とすると、治療後、
症状が1割だけ軽減した(9割残ってる)ときに、

「1割でも良くなって、よかった!」

僅かな良い変化でも喜べる人は、残りの9割の症状が、その後の治療と共に
次第に良くなって行きます。

不平や不満の感情は治癒を遅らせる

このページの最上部へ移動

反対に、
「1割しか良くならない、まだ9割もある。」
と僅かな良い変化を喜べない人は、残念ですがなかなか良くならないです。

特に長く患っていると自分の身体の悪いところばかりに意識がいくのも
解ります。

でもその意識からは、良い気持ち = 良い気・エネルギーは生まれません。

不平や不満の感情は、治療により湧出てきた折角の良いエネルギーを
自ら消してしまいます。


次の様な人も治癒を遅らせます。

「7~8割良くなったんだけど、あと2~3割が中々治らないんです。」
って言う人です。

先程の例と同じで、この人も、残りの部分に意識が向いています。

7~8割良くなったら、生活への支障はかなり少ないと思います。
だったら、残りの症状を気にせず(忘れて)楽しく過ごせば、徐々に治っ
ていくと思います。

7~8割も良くなっているのなら、身体に治る勢いはあります。
それを不満の感情で邪魔しなければいいだけです。


早く治りたい気持ちは分りまずが、治癒を直ぐに求めないこと、
心に余裕を持つことが、反って治りを早めます。

つまり焦らないことです


いずれの場合も、
まずはご自分の欠点を意識するクセ、

完璧・完全を求めるクセがあることを認め、それを止めることが鍵となります。


そして、自分の本当の力、自然治癒力の素晴らしさを信じることです。
(自分を疑うから焦るのです。)

喜びのスパイラルを起こす

このページの最上部へ移動

大切なことは、例え僅かでも良い変化に気付き、喜ぶことです。

その喜びの感情が、良い気・エネルギーとなり自然治癒力を発揮させます。

残りの症状を次第に意識しなくなり、良くなったことに素直に喜べ
られるようになったら、その残りは、いくら大きくても次第に消え
ていきます。

「あれ、そういえば以前よりちょっといいかな? 調子いいみたい!」
となります。

この少しの良い変化に気付くと、心に喜びの感情が自然に湧いてき
ます。
この喜びが、新たな良いエネルギーとなり、また少し身体を良くし
ていきます。
また少し良くなったから、また新たな喜びが湧いてきます。
そして、新たな喜びが・・・、となって次々に進みます。

意識にこの様な喜びスパイラルが起これば、自然と気は高められ、

それと共に自然治癒力が発揮されて、残りの症状を徐々に治していきます。


特に難治性の病気の場合は、症状の緩和や治癒に時間が掛かります。

この良い変化を意識するクセを作ることが、とても大切になってきます。


このページの最上部へ移動











a:1311 t:1 y:0

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional