気を調え心を癒す・きぼう堂鍼灸治療院へようこそ。

「赦すことが…①」

赦すことができない自分自身を赦す ①

出来事によっては、どうしても赦せないときはあります。

そんなときは、赦すことができない自分自身を赦すのです。


赦せない自分を責めてはいけません。

無理矢理に赦すことを強制してもいいことは
何もありません。

ただ苦しみが増すばかりです。


どうしても赦せないときは、
「赦せないのなら、今は赦さなくていいよ。」

そして
「責め続けることに飽きたなら、
 憎むことに疲れたなら、
 そのとき赦せばいいんだよ。」

「これからも何度も赦せないときがあるでしょう。
 それでも無理はしなくていいんだよ。」
と自分自身にやさしく言うことです。

このように言えることが
赦したことであると私は思っています。


心の奥底で「必ず赦せるときが来る。」
と自分を信じていたからこそ、
赦すことができない自分をこの様に赦せたのです。

心の余裕、心の優しさ、自らへの信頼が
自分の中にあったから言えるのです。

決して開き直りや諦めではありません。


「本当のポジティブとは」でも書きましたが、
ポジティブとネガティブは相反することではないのです。

本当のポジティブはネガティブを否定はしないのです。

「ネガティブでも構わないよ。」と言えること、
その優しさ、強さが本当のポジティブなのです。


赦しも同じです。

良いも悪いもなく全てを受け入れること、
全く責めないこと、
全てを否定をしないこと、
誰の中にもある愛という本質を信じ切っていることが
赦しなのです。

そして、
たとえ責めてしまっても、
たとえ否定してしまっても、
そのことに気付いたときに
「もう済んだこと。構わないよ。」
と何度も優しく言えることが赦しなのです。


長いので次の記事に続きます。




<お願い>
私のブログは「治療中の会話の中で重要な部分だけでも後から思い
出せる様にして欲しい」という患者様からのご要望が元で書き始め
たものです。
従ってこれは会話の一部分の要約であり、お悩みの内容や会話中の
質疑応答などは殆ど省略されています。
そのため、このテーマについて全く私と会話をしたことが無い人が
読んだ場合、意味が通じず誤解を与えることもあると思います。
何卒、その点をご了承の上お読み頂けると幸いです。






a:220 t:2 y:0

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional