気を調え心を癒す・きぼう堂鍼灸治療院へようこそ。

「自分を信じる」

自分を信じること

「ありのままの自分で充分に良いんです。」と自分に言ってやってください。

自分を責める必要はありません。

自分を厳しくすることはありません。


これは自分を甘やかしてる訳ではありません。

自分自身を信じれるから出来るんですよ。


自分を優しくするとは、同時に自分を信じることです。

自分を信じることが出来ないと仰る方が多いですが、

自分を信じれなかったら、誰を信じるんですか?

一番身近な存在は自分自身です。

私は自分を信じています。


なぜ自分を信じることが出来るかって?

それは、自分に優しいからです。自分を決して責めないからです。


私も失敗や間違いを起こします。

でも自分を責めません。

責めたところで何も生まれ無いからです。

凹んで気分が滅入るだけです。

失敗や間違いがあったら直せば良いだけです。


迷惑を掛けたなら素直に謝ればいい。

失敗や間違いに気付いたら、これからどうすれば良いかを考え、動くこと、

いつかは必ず出来るはずだと思い続けれる事、これが信じることです。


どんなに時間が掛かろうとも、関係有りません。

一年でも十年でも、五十年でも、それ以上でも、いつまでも待てることが信じることです。


自分で自分の事を諦めたら誰が私を信じてくれますか?

誰も私を信じなくても、私自身がいつまでも自分を信じていればいいんです。


人は日々成長しているものです。

本人が気付いていなくて必ず成長しています。

私はいつかきっと成長して出来るようになると

思っているから自分を信じています。


だから、自分を赦せます。厳しくする必要は有りません。

それよりも諦めない事の方が大切です。


自分に優しいとは、同時に自分を信じることです。

そこには、自分に対して決して諦めない気持ちがあります。


何度失敗しようが、

間違えようが、

どれだけ時間が掛かろうが、

落ち込もうが、

嫌になろうが・・・・・、それでもいいんです。

諦めなかったら。


いや、時に諦めててもいいんです・・・・・、時が過ぎ、また思い直して諦めなければ!


自分を信じるとはそういうことと思います。

私は自分を決して責めません。

自分に厳しくしません。

・・・・・気分が滅入るだけだから。


それより、

私は私に優しいから自分を信じます。そして諦めません。

その方が心が楽で気分がいいでしょ。


いつも言うように自分に優しいと心に余裕がありますから、

すぐに元気になりプラス思考になり

いい結果を生みだすと思います。


自分を信じること。・・・・それは自分への優しさと同じです。


自分を信じていればどんな状況でも人生が楽しく思えます。

自分を信じている人には安心させる雰囲気があります。

それが周りにもプラスのエネルギーを注いでいることと思います。


自分を信じるとは、自分と周りを幸せにすることに繋がると思います。






※これは2008年10月27日のブログからの転載です













a:1550 t:1 y:1

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional