気を調え心を癒す・きぼう堂鍼灸治療院へようこそ。

「自分をどう思う」

自分のことをどう思うのか

私は自由な存在である。

         同時に他人(あなた)も自由な存在である。


私は私自身が大切である。

         同時に他人(あなた)が大切である。


私は自分を信じている。

         故に他人(あなた)を信じている。


他人の自由認めない者は、自分の自由も無いことを知らない。

自分が自由ならば、他人も自由である、と認めることである。


他人を大切に出来ない者は、自分を疎かにしていることを知らない。

自分自身を大切にするからこそ、他人を大切に感じるのである。


他人を信じれない者は、自分を信じることが出来ない弱い者である。

ただ、そういう人は、自分の真の強さに未だ気付いていない

だけなのである。


なにも心配はいらない。

いずれは気づくから。


真の強さに気付けば自分を信じることはでき、

他人を信じることなど簡単である。


言葉だけでなく、常に、自分のことをこの様に思っていたいです。




2008年04月13日のブログを加筆、修正したものです















a:1183 t:1 y:0

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional