気を調え心を癒す・きぼう堂鍼灸治療院へようこそ。

「自分の感情…」

自分の感情に敏感になること

気とは、生命エネルギーであり心の状態と密接に関係しています。

心の状態とは、気持ち、意識です。
意識とは、思考と感情のことです。

平たく言えば、「自分が何を考え何を感じているか?」が、
気という生命エネルギーに影響を与えている
ということになります。

私が患者様に最初にお話しすることは、
「まずはご自分の感情に敏感になってください。」
ということです。


自分の感情に敏感でないと、今、自分の気・エネルギーが
自分に対して有益に働いているかどうかが判らないからです。

いくら治療をしても自分の気持ちに鈍感であると、知らず知らずの内に
ネガティブな思考になり、再び気の流れを乱してしまうからです。

気を高めご自分の力で根本治癒を目指すのであれば、
ご自分の感情に敏感になることが一番大切になってきます。


練習として、
「今、私は楽しい?それとも楽しくない?」
と自分自身に時々聞いてみればいいのです。

もし、楽しくなかったなら、今向けている意識を
少しでも心が楽な方に替えてください。

少しでも楽に感じたら気はその時点から自分にとって
有益に働き始めます。




<お願い>
私のブログは「治療中の会話の中で重要な部分だけでも後から思い
出せる様にして欲しい」という患者様からのご要望が元で書き始め
たものです。
従ってこれは会話の一部分の要約であり、お悩みの内容や会話中の
質疑応答などは殆ど省略されています。
そのため、このテーマについて全く私と会話をしたことが無い人が
読んだ場合、意味が通じず誤解を与えることもあると思います。
何卒、その点をご了承の上お読み頂けると幸いです。






a:289 t:1 y:0

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional