気を調え心を癒す・きぼう堂鍼灸治療院へようこそ。

「自分に問い…」

自分に問い、手放し、新たに見つける

前の記事「自分自身との和解②」の続きです。


誰だって生きていれば様々な人間関係のゴタゴタやトラブルはあ
ります。
でも、トドの詰まりそれらの原因は全て自分にあるのです。
自分の周りではないのです。

普段では気付かない心の奥底に隠した弱く嫌いな自分の一面(自
分を苦しめる固定観念)、それが浮かび上がってきたことが原因
なのです。


誰もが自分に噓をつくことは出来ません。
自分を騙すことはできません。

自分の弱さを隠すために虚勢を張って相手を責めても心に安らぎ
はありません。

たとえ力尽くで相手に勝って一時的にいい気分になっても、自分
の考えを変えている訳ではないので、似たようなことで別の相手
とトラブルを起こすことになるだけで根本的な解決にはなりませ
ん。

どんなトラブルも原因は相手ではないのです。
自分の中にあるのです。
そのことを素直に認め、自分を責めるのでなく赦し自分の可能性
を信じることが大切なのです。


誰もが自分を責め苦しめている固定観念を無数に持ち、それらを
心の奥深くに隠しています。

人生のトラブルは、そんな自分の一面が表面に浮かび上がって来
たことなのです。

だからトラブルが起こったとき、相手を責めるのでなく、もちろ
ん自分を責めるのでなく自分との和解をするチャンスを得たと捉え、

「なぜ私はこの様に相手に腹を立てるの? なぜ私は自分をこん
 な風に責めるの? どんな考えが私をイライラさせているの?」
と自分の心に問い掛けることです。

そして
「この考えは誰のためにもならない。
 バカバカしいから、もうこんな考えは止めよう。」
と自分を苦しめる古い価値観を手放し、

「私の心が安らぐ考え、心が楽しくなる考えを見つけ、選び直
 そう。そして、その様に生きよう。」
と自分を赦し自分の可能性を信頼すれば、人生は徐々に平和に
なってゆくものです。


成長するとは、自分を疑い責め苦しめる古い考え(固定観念)に
気付き手放すこと、そんな古い考えに囚われた自分を赦し自分の
心を癒すことです。

そして本当の自分の力を信じ、心の奥で古い考えの下で今まで眠
ったままになっていた自分の可能性を見つけ出し花咲かせること
なのです。


自分を疑い責め苦しめる固定観念、その考えの反対側に自分を癒
す考え(気持ちが楽になる考え、自分を信じる考え、ポジティブ
な考え)が存在します。
なぜなら「楽・癒し」と「苦・責め」は、光と陰、表と裏の関係
なので、苦しみがあれば必ず心を楽にする考えはあるのです。

自分の心に「このバカバカしい考えの逆は、どんな考え?」と素
直に問うて、自分の感情を指針に心が癒される考えを少しずつ見
つけ出してください。


次の記事「相手に心の自由を与える」に続きます




<お願い>
私のブログは「治療中の会話の中で重要な部分だけでも後から思い
出せる様にして欲しい」という患者様からのご要望が元で書き始め
たものです。
従ってこれは会話の一部分の要約であり、お悩みの内容や会話中の
質疑応答などは殆ど省略されています。
そのため、このテーマについて全く私と会話をしたことが無い人が
読んだ場合、意味が通じず誤解を与えることもあると思います。
何卒、その点をご了承の上お読み頂けると幸いです。






a:284 t:1 y:0

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional