気を調え心を癒す・きぼう堂鍼灸治療院へようこそ。

「未来は…」

未来は分からないから・・・

未来とは、何が起こるか誰にも分からない。

たった1秒先でも、正確には誰も分からない。

良いことが起こるのか?

それとも悪いことが起こるのか?


今、分からない未来を心配しても仕方が無い。

心配していると、それだけで今という一瞬が嫌な気分になる。

それだけでも不幸なことだ。


分からないのなら・・・・、

「きっと良いことがが起こる、上手くゆく。」

と私は信じることにしている。


そう思うだけで、今という一瞬が楽しく嬉しくなる。

それだけでも幸せを味わっていることになる。


そして本当に良いことが起こったなら・・・・、

そりゃ、めちゃくちゃ嬉しいはずだ。

そのことが起こるまでの時間も楽しいし、

そして実際に良いことを体験できるなんて、大変幸せなことである。


もし、予想した良いことが起こらなくて悪いことが起こったとしても・・・、

それが起きるまで幸せを感じられたのなら、

それだけで充分に価値があり満足である。


悪いことが起こると心配してて、本当にそうなってしまったら・・・・、

ずーっと、嫌な気分を味わい続け、

そして悪い結果を体験することである。

これって、不幸の上にまた不幸を上塗りしたこと同じである。

これでは辛い!


心配していても、良いことが起こったなら・・・・、

もちろん嬉しいだろうけど、それが分かるまで嫌な気分を味わなければならない。

出来ることなら、嫌な気分は少しでも味わいたくないものだ。


つまり、分からない未来を心配したって良い事はない。


未来を占っても意味が無い。

過去のデーターから未来を予測しても、正確に知る事なんて出来ない。

それより、自分の未来は必ず良いことが起こると信じていれば、

それだけで幸せである。


例え何の根拠がなくても、「良いことが起こる」と信じているだけで幸せである。

どんな困難が予想されても、どんなに世間や常識が無理だと言っても、

その望みが叶う可能性が0ということは決してない。


奇跡を信じれる人は、それだけで幸せな人ということ。

自分の可能性を信じれる人は、とっても強い人。

そういう人は魅力的であり、他人を引き付けるから、きっと望みを叶えるだろう。


未来は、何が起こるか分からないから・・・・、楽しく面白いものだ。






※これは2009年12月14日のブログからの転載です













a:1101 t:1 y:0

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional