気を調え心を癒す・きぼう堂鍼灸治療院へようこそ。

「感謝は人生…」

感謝は、人生を幸せにする魔法のアイテム

「ありがとう」という感謝は、喜びを表す言葉。
不幸や嫌なことがあって感謝する気持ちにはなれない。

嬉しいと感じるから、幸せだと感じるから感謝したくなるのである。


礼儀やマナー、社交辞令や義理を理由に「ありがとう」の言葉を言う人いる。
うわべだけの感謝では、言った方も言われた方も嬉しくない。


人は、本当に嬉しいとき感謝の気持ちが湧いてくるのである。
言い換えれば、感謝が出来るということは幸せである、ということである。

幸せを感じていたら周りに感謝している、とも言える。


礼儀やマナー、形式だけでしている人は、人生をつまらなくしている。
心の喜びを表現しないなんて勿体無い。

日常の些細なこと、一見当り前と思えることに「ありがとう」と感謝する気持ち。
その気持ちは、心の余裕を意味する。

心に余裕があれば、また感謝したくなる何かに気付くことになる。
すると、またまた心の余裕が生まれる。

心の余裕は、心が豊かなこと、心が平和なこと、心が幸せなこと。
感謝は幸せを生み、幸せは新たな感謝を生む。
そして感謝はまた幸せを生み、また幸せは新たな…。

このサイクルは終らない。


嬉しかったら素直に「ありがとう」と言ってみよう。

小声でもいいから言ってみよう。
心の中だけでもいいから言ってみよう。

直ぐじゃなくてもいいから、
気付いたとき、思い出したときでいいから言ってみよう。

誰か特定の人でなくてもいいから、物(大切にしている)でもいいから、
気付いたら言ってみよう。

すると、自分の中で何かが少しづつ変わり始めるのがわかるはず。


決して感謝は、礼儀やマナー、社交辞令や義理ではない。
大切なのは自分の素直な気持ちであり、形にこだわる必要は全くないです。


見るもの全て、触れるもの全て、そして目の前にあるもの、ないもの全て、
ありとあらゆる人、ものに「ありがとう」と自然に言えるようになったら、
心がとても気持ちよく楽なはず。


気には周波数があります。
気が合うという言葉通り、似た気持ち同士はお互いを引き寄せます。

だから感謝は感謝を引き寄せ、幸せは幸せを引き寄せます。

人生が大きく変わってくると思います。

感謝は、人生を幸せにする魔法のアイテムである、と私は思っています。




<お願い>
私のブログは「治療中の会話の中で重要な部分だけでも後から思い
出せる様にして欲しい」という患者様からのご要望が元で書き始め
たものです。
従ってこれは会話の一部分の要約であり、お悩みの内容や会話中の
質疑応答などは殆ど省略されています。
そのため、このテーマについて全く私と会話をしたことが無い人が
読んだ場合、意味が通じず誤解を与えることもあると思います。
何卒、その点をご了承の上お読み頂けると幸いです。






a:221 t:1 y:0

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional