気を調え心を癒す・きぼう堂鍼灸治療院へようこそ。

「患者様が主役」

治療は患者様が主役、「私は治る!」という意志が必要


意識・思考を「切替える」と決めるのは患者様です

このページの最上部へ移動

もう、耳にタコが出来たかもしれませんが、治る為には、気という
エネルギーを身体に有益に供給しなければなりません。

そうするには、心で良い感情を味わう為に思考・意識をポジティブ
に切替えることが絶対に必要です。

治療の主役は、患者様です。
私たち治療家は、脇役です。

心は、患者様のものです。
脇役である私は様々な助言は出来ても「切替える」と決めるのは患

者様以外にいないのです。

ポジティブの必要性をどんなに説いてもそれを信じて実行するのは

患者様しかいないのです。

脇役である私が出来ることは、意識をポジティブに向けることに
邪魔になっている負の感情をリセットして、患者様が望む意識に
切替え易く手伝うことです。

私の治療で患者様の心を直接切替えることは出来ないのです。



根本治癒をするためには

このページの最上部へ移動

今、苦しみを味わっているのは、患者様自身です。
そこから脱出するのも患者様です。

病気の治癒を本当に願う人は、治療師任せ(他人任せ)だけでは
良い結果は起こりません。

例え、治療により症状の改善や治癒が起こっても意識・思考を望む
方向(幸せを感じる方向)に切替えなければ健康は長続きしません。


病気は、
「もっと心を楽に、楽しく幸せに生きなさい」
という身体からのメッセージです。


自分の心を大切に幸せを感じる生き方を選ばなければ、悩みやスト
レスは同様に続きますから、治療で一時的に良くなっても直ぐに元
に戻るか、別の症状や病気を新たに出して身体は何度もメッセージ
を送ってきます。

これが完治が起こらない理由であり、あちこち様々な病気が起こる
理由です。


根本治癒には、「私は治る!」という意志が必要です。

「もう、こんな辛いことから脱出して幸せに生きる!」
という気持ちです。

いつまでも「誰か助けて・・・」という気持ちで止っていては、
何も変わりません。


自分の人生の主役は自分です。
人生を創り出しているのも自分です。

人間は、
自らの意志で自分の人生を望むように生きることが出来る力を
誰もが内側に持っています。

自分の人生で起こった病気という出来事も自分の力で乗り越えられ
るのです。

ただ、苦しみに心を囚われ、そのことを今、忘れているだけです。


根本治癒をするためには、
受身でなく「人生も、治療も、主役は自分なんだ!」と思い出し、
治療の全てを治療師だけに任せないで

「自分の中にある本当の力を信じて幸せに生きる!」

と言う意志を持って自らも意識・思考の切替を行ってこそ
起こるものだと思います。



良い治療は、主役と脇役の二人三脚

このページの最上部へ移動

ここまでを読んできて、
「今の私には『自分の力を信じて幸せに生きるぞ!』という決意や
 強い意志がないからダメなんだ」
と感じている方もみえるでしょう。


でも、今はそのことを気になさることは全くありませんよ。

当院をはじめて訪れる人の全員が、必ずしも強い意志を持ってお越
しになられる訳ではありません。

多くの方が、はじめは「誰か助けて、治してほしい」というお気持
ちだと思います。


私は、当院を選んで来て下さる方々のお気持ちが、
「誰か助けて、治してほしい」から「治りたい(願望)」に、
そして
「治るぞ!(決意)」、「これで治るんだ!(希望)」に変わり
最後に
「やった!治った!(喜び)」へと次第に本当の願いへと意識が切替
わっていくように治療をすることが私の役目であると考えています
からご心配は要りません。


ここで私がお伝えしたいことは、

良い治療は治療家だけで行うものではなく、
          患者様と治療家の二人三脚で行うもの
と言うことです。


「そんな面倒なことは嫌だ。
 兎に角、なんでもいいから早く治してくれ。」

という考えで自らの変化を拒み、自分への責任を放棄して、治療家

任せのオンブにダッコではダメなのです。


主役と脇役がお互いに協力し合って良い演技をするから良い映画が
出来るのと同じで、患者様と治療家がお互い協力し合って役目を果
たすことが治療には大切であると思っています。



自分の中の本当の力の素晴らしさに気付けるように

このページの最上部へ移動

「私が考える『気』とは・・・」から始まり、ここまで長々と説明し
てきましたが、以上の様な考えから当院の治療は、経絡治療だけで
なく意識・思考が切替えられるように様々なアドバイスをしながら
サポートしていきます。


当院を訪れる患者様は、他の治療を受けても中々改善がみられなか
った方が多いです。

今このページをお読みになっている方も、そんな悩みをお持ちの方々
のお一人かもしれません。


私は、そのような方々の良き脇役となれるように、これからも日々
精進し、ご自分の中の本当の力の素晴らしさに気付いて頂き、忘れ

ていた自信を取り戻して貰えるように全力で治療をいたします。



このページの最上部へ移動






a:1343 t:2 y:0

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional