気を調え心を癒す・きぼう堂鍼灸治療院へようこそ。

「心があるから」

心があるから感じることができる。

人は、心があるから人として生きられる。

心が無かったら・・・・、肉で出来たロボットである。


心があるから、喜び、幸せ・・・など感じることもできるが、

苦しみ、憎しみ・・・・なども感じることもできる。


どんな感情でもいい、

心で感じることが出来ていること。

それだけで、人である証である。


良い感情、悪い感情という言葉に囚われない。

人なんだから、どちらも大切な感情である。


何ごとも陰陽。

光があれば陰ができる。

陰があるからこそ、その反面に光があることが確証できる。


憎むことの辛さを知らないと愛することは解らない。


苦しみ、憎しみを感じたら、必ずその裏に喜び、優しさ、幸せがある。

ただ、そのこと知っているだけで充分である。


焦ることは何も無い。

もがくことを止めれば、それだけ心は楽になる。

あとは自然の流れに身も心も任せれば、自ずと光に向かって行くものである。






※これは2010年10月12日のブログからの転載です













a:1095 t:1 y:0

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional