気を調え心を癒す・きぼう堂鍼灸治療院へようこそ。

「再開OK」

Q:治療を途中で諦めた者ですが、また再開したいのですが・・・

A:はい、もちろんOKですよ。

様々な理由で治療を途中で止める人は、当院でもおみえになります。

その中でも、以下の理由で意識を変えることに上手くいかず止める
人がおみえになります。


①:「悩みの元が相手にあるんだ」と責めている人で、その悩みが
現在進行形のため、影響が大きい場合は、患者様の心にある被害者
意識が相手を責め続けることに正当性を与えます。

この正当性が被害者であるご自分が変わることに、強い抵抗を感じ
てしまっていることがあります。

②:ご自分を強く責め否定している人の場合は、罪悪感により自己
を無価値な人間と決め、自分に無力感を持っているため、自分に変
われる可能性や幸せになる価値があることを、どうしても信じれな
いでいます。


①、②共に、この様な人には、今までの自分と新しく変わろうとす
る自分が心の中で葛藤を起こすため、一時的に気が不安定になって
しまいます。

そのため症状も一進一退を繰り返し、良い結果も表れ難いので、残念
ながら途中で止めてしまうことなるのです。


私は、いかなる場合もご本人様の意思を尊重しますので、引き止め
ることはしません。

しかし、この様に途中で治療を諦めてしまった患者様も時間の経過
と共に徐々に気持ちに整理が出来てくるものです。


事実、患者様から気まずそうに何ヶ月かして再開を希望するお電話
を頂くことがあります。(2~3年経った人もみえます。)

こういう場合、私も含め治療家はとっても嬉しいものです。

拒否することは決してありませんから遠慮なく堂々とお電話をして
ください。
快くお受けして治療を再開しますから、全く心配はいりませんよ。

「人間の心の苦悩は、簡単に整理できるものではありません。

 これからも何回止めても、そして何回再開しても構いません。」

と、私は思っています。

人間は誰でも心の奥底で「幸せでいたい」という願望を持っていま
す。
それ故に、苦しみの現状と願望との間のギャップの大きさに戸惑い
を覚え、一時的に心の混乱、葛藤を経験します。

しかし、時間と共に気持ちの整理ができ、「本当に治りたい、変わり
たい、私も変われるんだ!」という意志が自然と芽生えてくるのです。


心の準備が出来たその時が、本当の治療の始まりです。

そして自らの意志で再開をした人は、治療効果が以前よりも良くな
る傾向があるのも事実です。




追記:「再開されることを待てる理由」
私は、自分にも未熟な点が、まだまだ沢山有ることを認めています。

そして、自分の治療技術、治療方針、考えを信じて「今出来る自分
の最高の治療を提供しているんだ!」という自負も常に持っています。

(未熟は成長の余地、伸びシロです。 決して悪いものではな
 いと考えていますので自分を責めませんし、自分の可能性を
 信じています。)

それ故に治療を途中で止められた患者様に対しても「私の気持ちは
いつかは必ず伝わる!」と信じることができ、患者様が治療を再開
される日をいつまでも待つことができるのです。

要は、私が諦めたら患者様は私を信頼することは出来ないじゃない
ですか!
だから、私は自らを信じると同時に患者様を信じて待つのです。

(私だけに限らず治療家の多くは同じ気持ちだと思います。)






a:1048 t:1 y:0

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional