気を調え心を癒す・きぼう堂鍼灸治療院へようこそ。

「七情1」

2010.04.01作成

七情(しちじょう)とは東洋医学の言葉で、
怒、喜、思、憂、悲、恐、驚の七種類の感情のことを言います。
これを五行的に五つに分けると五志(ごし)になります。


木・・・・怒

火・・・・喜

土・・・・思

金・・・・憂、悲

水・・・・恐、驚

というようになります。


この感情は人間の内臓(五臓六腑または六臓六腑)や経絡にも
大きく関わってくると考えられています。

そして、気の流れる道筋である経絡は、五臓六腑をその名前に
冠しています。
詳しくは過去記事の『経絡って何』 を参照して下さい。


例えば、
怒ってばかりいるとそのマイナスの感情は、
木の性質である肝臓や胆のうに影響を与えたり、
肝経、胆経といった経絡の気の流れを乱します。

イライラしたり怒ってお酒を飲んでしまうと肝臓に大変悪いということになるのです。
ヤケ酒を飲むと悪酔いしやすいのは、肝臓のアルコールの分解能力が
怒りの感情で弱くなってしまう為かもしれません。

また、肝経は足の親指(外側)を走行します。
大酒を飲んだ次の日に痛風の人が足の親指の関節が痛くなるのも
肝経の気の流れを乱したからかもしれません。

この様に考えると、どうせ同じお酒を飲むのなら楽しく飲んだ方が
身体への負担も少なく済むかもしれません。
(いくら楽しいからといっても、飲み過ぎはやっぱりダメです。)


七情は、別名・内因とも言い、肉体の内側(こころ)からくる病の原因という意味でもあります。

東洋医学的にみてもマイナスの感情が身体には良くないということ
既に知っていたようです。

いつの時代にもストレスはあって、プラス思考、プラスの感情の大切さを、
この様に教えてくれています。







a:2205 t:1 y:0

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional