気を調え心を癒す・きぼう堂鍼灸治療院へようこそ。

「お薬」

Q:治療期間中、今使用している薬はどうすればいいですか?

A:この質問には、残念ながら一言ではお答えできません。

立場上、お薬に関しては、鍼灸師が患者様に対して指示することが
出来ないからです。

ご使用することで特に不快なことが無ければ、当面そのまま続けてく
ださい。

ただ、経絡治療を受けることで気の巡りが良くなり体全体が良くっ
てきますから、今まで使っていたお薬が良く効くようになってきま
す。

特に痛み症状に全く効かなくなっていた鎮痛剤などは、全く同じも
のなのに再び効果を発揮するようになってきます。

当然、治癒を目指して治療している訳ですから、病気の種類によっ
てはお薬が要らなくなるときもきます。

しかし、いずれの場合も自己判断でお薬を減らしたり中止をしない
で下さい。必ず主治医の先生にご相談して下さい。


以下に、常用する薬ついてご注意してもらうことを記しておきます
のでご参考にして下さい。

①糖尿病の薬、高血圧の薬

治療により血糖や血圧は、今までより正常に近づく、または安定し
てくると思います。
しかし、強めの薬を使用している患者様の場合、薬が効き過ぎるこ
ともありますので、低血糖、低血圧傾向がみられたら主治医の先生
にご相談してください。

②抗うつ剤、精神安定剤

カウンセリングと経絡治療で次第に心が安定してくると思います。
しかし、調子が良いからといってご自分の判断で急にお薬を止めな
いでください。
例え治療期間中でもリバウンドは起こりますので、必ず主治医の先
生にご相談して徐々に減薬してもらえれば薬から離脱できます。

③その他のお薬についても

上記の薬と同様に「普段は体調が良いのに、薬を服用した後に悪くなる」
ことを感じましたら、速やかに主治医の先生にご相談してください。

(健康な人が薬を服用すれば反って調子が悪くなるものです。鍼灸で
 体調が良くなっていることを主治医の先生に必ずお伝えください。)






a:807 t:1 y:0

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional