気を調え心を癒す・きぼう堂鍼灸治療院へようこそ。

「あるがまま…」

あるがままの自分が最高な状態

人間、背伸びをして自分を高く見せようとしても
背が高くなるわけではない。

膝を曲げ、背中を丸めて猫背にしても背が低くなる
わけでもない。

そんなことをしても長続きはしないし疲れるだけである。


一番楽なのは、そのまま、あるがままでいることである。

そのままなら、歩くのも、立っているのも、座っているのも、
どれも苦になる訳がない。


人間、自分以上にも自分以下にもなれない。
あるがままの自分でいること以外にはなれないのである。

しかし、そのことに気づかないといつまでも、もがき苦しむ
ことになるのである。

結局、あるがままの今の自分が自然であり、心も身体も
一番楽であり、何でもやれる最高な状態なのである。


今の自分を否定したり拒絶しても好きな自分にはなれない。

今の自分の良さに気付き認め、欠点や弱さを赦し、
全てを受け入れたとき、自分の本当の力が内側から
湧き出てくるのである。

自分を心の底から信頼できるようになるのである。

そこから心の平和、喜び、幸せが感じられ
好きな自分として堂々と生きることができるのである。




<お願い>
私のブログは「治療中の会話の中で重要な部分だけでも後から思い
出せる様にして欲しい」という患者様からのご要望が元で書き始め
たものです。
従ってこれは会話の一部分の要約であり、お悩みの内容や会話中の
質疑応答などは殆ど省略されています。
そのため、このテーマについて全く私と会話をしたことが無い人が
読んだ場合、意味が通じず誤解を与えることもあると思います。
何卒、その点をご了承の上お読み頂けると幸いです。






a:273 t:1 y:0

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional