気を調え心を癒す・きぼう堂鍼灸治療院へようこそ。

「あなたの心の…①」

あなたの心の真実を知っているのはあなただけ ①

生きていれば他人はいろいろなことをあなたに言ってきますが、
それらの全てが、その人の価値観で見たあなたへの勝手なイメ
ージに過ぎないのです。

あなたについて100%知っている人は、この世にあなた以外に
はいないのです。

なぜなら24時間365日あなたと一緒に生きている人はいません。
生まれてから今日まで一時も離れることなくあなたと一緒に生
きてきた人は絶対にいないのです。

親、兄弟姉妹、子供、恋人、友人、誰であっても、あなたが経
験し何を感じたのかを100%知ることは出来ないのです。

みんながみんな、自分の人生を生きることで精一杯なのですから。


人は人生で様々なことを経験して学び個人的な価値観(固定観
念)を形成してゆきます。

歩んできた人生が異なる以上、今一緒にいて同じ出来事に遭遇
したとしても同じ価値観で物事を捉えることはできないのです。


映画で例えるなら同じものを見ても抱く感想は、見た人それぞ
れ異なります。

なぜなら自分が持っている価値観を通じて個人的に関心がある
ことに意識を向けて見ているからです。

映画なら相手と感想が異なってもさほど問題はありませんが、
実生活では問題は生じます。

価値観の違いは、親子、兄弟姉妹、夫婦、嫁姑、親戚、上司と
部下、友人知人、ママ友、ご近所など様々な人間関係でのトラ
ブルの元になってきます。


もし、あなたがは誰かに心無いことを言われたとき、次の様に
考えることがでれば自分の心を整えることに役立ちます。

それは、
「誰かがあなたに対して言う言葉は、あなたのことを100%理解
 した上で言っている訳ではない」
ということです。


先にも書いたようにその人はあなたの日常の全てを見てること
は決してなく、見たのはあなたの生活の一部分しかないのです。

そして見た部分についてその人の価値観で解釈し、残りの見え
ていない部分については、その人の価値観で想像して、あなた
についてのイメージを勝手に作りあげて発言しているだけなの
です。

決してあなたの全てを理解して語っている訳ではないのです。

別の言い方をすれば、その人がその人自身の価値観の一面をあな
たに投影して語っているということです。

それ故に、何を言われても気にすることは全く無いのです。


「この人には私がそんな風に見えたんだ。
 これは本当の私でなくて、この人の価値観が作った偽者の私
 のこと。
 言い換えれば、この人自身の一面を私に投影して語っているだ
 けなんだ。全く気にすることはない。」
と思い相手を赦せばいいのです。

自分のことを相手に理解してもらおうとすることは無いのです。
ましてやムキになって相手に自分の正当性を証明する必要は無
いのです。

この先は長いので次の記事「あなたの心の真実を・・・②」に続きます。




<お願い>
私のブログは「治療中の会話の中で重要な部分だけでも後から思い
出せる様にして欲しい」という患者様からのご要望が元で書き始め
たものです。
従ってこれは会話の一部分の要約であり、お悩みの内容や会話中の
質疑応答などは殆ど省略されています。
そのため、このテーマについて全く私と会話をしたことが無い人が
読んだ場合、意味が通じず誤解を与えることもあると思います。
何卒、その点をご了承の上お読み頂けると幸いです。






a:260 t:1 y:0

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional